「Sakurazaka ASYLUM 2019」スペシャル企画〜A Happy New Wave〜

とんちピクルスとホールズによる音楽プログラム
懐かしい~という方や、New Waveって何?という方までも楽しめるRock番組

※ニュー・ウェイヴは、パンク・ムーブメントによってロック音楽を取り巻く状況が激変したイギリスにおいて、ポストパンクやディスコ、現代音楽や電子音楽といったさまざまな影響によって成立した。1970年代後半から1980年代前半という特定の時期のロックおよび、その周辺ジャンルに限定して適用される音楽用語である。(ウィキペディアより)


2月9日(土)
17:15~18:45
会場:さんご座デッキ
入場:無料


■ホールズ
マルチーズロックのギタリスト。
即興を主軸に、自身の曲や多岐に渡る各国の曲をも演奏するメガネストラトスや、独特の世界観を展開するひねもすBAND、甥っ子のウエサトモトシと2018年に結成したヨシコライン、ガチャピンとのふたりユニット、ガールズなどソロも含め自由奔放に活動中。

■とんちピクルス
福岡在住の松浦浩司によるソロユニット。ウクレレの弾き語り、自作のバックトラックにのせてラップなど奔放なスタイルで人生のわび、さびを歌い上げる。ピンク映画館の映写技師、警備員、清掃員などを経て現在は各地での演奏活動を生業とする。素人ながら犬猫の絵も描き、素朴なタッチが好評、近年はそれらをモチーフにしたグッズ販売にも力を入れている。 CD「とんちピクルス」、レコード「RECODAS」、太陽バンドとのスプリットシングル「夫婦げんか/弟よ」発表。 ウクレレとiPodを携え各地を旅しながら人間の本質にせまる詩人でもありエンターテイナーである。その楽曲は多くのミュージシャンにカバーされている。