“遠藤ミチロウ復活祈願祭”in オキナワ

 日本が世界に誇るパンク・ミュージシャン、遠藤ミチロウさんは、現在、膵臓癌で自宅療養中です。1995年、初めての沖縄でのライブ以来、20年以上に渡って何度も沖縄でライブを行っています。常に自身の音楽を、言葉を、時代とともに新しく更新をしながら、ソロはもちろん多くのバンドで、多くの沖縄のファンを魅了し続けています。

これまで沖縄には、ソロのほかに以下のバンドで訪れてくれました。
“Touch-Me”(with中村達也)
“M.J.Q”(withクハラカズユキ・山本久土)
“NOTALIN’S”(with 石塚俊明・坂本弘道)
“羊歯明神”(with石塚俊明・山本久土)
“THE END”(withナポレオン山岸・西村雄介・関根真理)

“Sakurazaka ASYLUM”には、2011年から様々な形で関わってもらっています。沖縄のミュージシャンがバックを務めた“Sakurazaka STALIN”や、“羊歯明神”をフィーチャーしてのパフォーマンスは非常に印象深いものがあります。ドキュメンタリー映画「SHIDAMYOUJIN / 羊歯明神」(監督:遠藤ミチロウ・小沢和史)の一部の撮影は、2016年の“Sakurazaka ASYLUM”でも行われました。
ミチロウさんが沖縄土産に持ち帰ったガジュマルは部屋の中で大きく育ち、桜坂で拾われた猫はミチロウさんが東京に連れ帰り幸せな日々を送りました。

昨年7月、マルチーズロックが東京でライブを行った際、遠藤ミチロウさんは“THE END”での対バンを快く引き受けてくれました。その日の楽屋で”Sakurazaka ASYLUM 2019”への出演の話もしましたが、その後に、癌が見つかってしまいました。
そこで今回“Sakurazaka ASYLUM 2019”開催にあたり、遠藤ミチロウさんのステージ復帰を願ってトリビュートを企画しようと考えました。本人の登場は叶いませんが、“Sakurazaka ASYLUM”のプログラムの一環として < A tribute to Michiro Endo“遠藤ミチロウ復活祈願祭”in オキナワ >を開催します。
遠藤ミチロウさんの復活に向けて、沖縄から大きなエネルギーとリスペクトを捧げます。

野田隆司(桜坂劇場 / Music from Okinawa)

日程:2019年2月10日(日)
19:30〜20:30 映画「SHIDAMYOJIN / 羊歯明神」上映(会場:桜坂劇場ホールC)
20:45〜21:45 遠藤ミチロウ トリビュート ライブ(会場:桜坂セントラル)
出演:タテタカコ/ALKDO(アルコド)/マルチーズロック、and more

Sakurazaka ASYLUMのリストバンドで入場可能です。
満席の場合は入場を制限する場合があります。